株式会社ルナジン

効率的な貧血予防に!低酸素トレーニング入門

お問い合わせはこちら 体験・ご予約はこちら

効率的な貧血予防に!低酸素トレーニング

効率的な貧血予防に!低酸素トレーニング入門

2023/12/17

近年、貧血に悩む人が増加しています。貧血になる原因は様々ですが、運動不足や一方的な食事、ストレスなどが挙げられます。そこで、低酸素トレーニングが注目されています。低酸素トレーニングとは、酸素が少ない環境下で行うトレーニングのことで、体内の酸素をより効率的に利用するようになるため、貧血予防にも効果的です。本記事では、低酸素トレーニングの入門編として、基礎知識やトレーニング方法、注意点などを解説します。

目次

    貧血とは

    貧血とは、赤血球中のヘモグロビン量が不十分なため、体内で酸素を運搬することができず、疲れやすさやめまい、頭痛、息切れなどの症状が現れます。ジムで運動する際には、貧血症状がある場合、身体に必要な酸素が運ばれず、体調が崩れる恐れがあります。運動前にはしっかりと食事をとり、鉄分やビタミンB12、葉酸などの栄養素を摂取し、貧血を予防することが重要です。また、無理な運動は貧血の症状を悪化させる恐れがあるため、自分に合った運動強度で行うようにし、感じた症状は無視せず、適切な対処を行うことが必要です。ジムなどの運動施設でも、貧血対策のアドバイスや健康管理を行っている場合がありますので、積極的に活用し健康な体作りを目指しましょう。

    低酸素トレーニングとは

    低酸素トレーニングとは、ジムで行われる最新のフィットネストレーニングの一つで、酸素量を減らした環境でトレーニングを行うことで、効率的に体力向上や脂肪燃焼効果を得ることができます。低酸素トレーニングは、高地トレーニングや高原トレーニング、ハイポキシア・トレーニング、イメージトレーニングとも呼ばれています。低酸素トレーニングの特徴は、酸素分圧の低下によって血管を拡張させ、血流を改善することで、心拍数が上がり、全身の基礎代謝がアップするという点です。また、酸素の減少によって、身体がアシドーシス状態になることで、筋肉を大きくするホルモンであるヒト成長ホルモンの分泌が促進されるという効果もあります。低酸素トレーニングは、20分程度の短時間でも、十分な効果を発揮するとされており、初心者でも安全に行えるように、トレーニング風景をビジュアルで確認できるシステムが導入されているジムもあります。

    低酸素トレーニングの効果

    低酸素トレーニングは、最近注目されているトレーニング方法のひとつです。低酸素環境下で運動することで、筋肉への酸素供給量が減少し、身体に負荷をかけることができます。ジムでも、低酸素マシンを使ったトレーニングメニューが提供されています。低酸素トレーニングの効果として、有酸素運動をするよりも短時間で効果を得ることができます。また、心肺機能の向上、脂肪燃焼効果の増大、筋力アップなどの効果が期待できます。さらに、低酸素環境でトレーニングを行うことで、身体の代謝機能が高まり、免疫力の向上にも繋がります。ただし、初心者が低酸素トレーニングを行う場合は、自己責任で行うことは厳禁です。ジムでプロのトレーナーに指導を受けることをおすすめします。低酸素トレーニングは、初心者から上級者まで、誰でも挑戦する価値があるトレーニング方法です。

    低酸素トレーニングのやり方

    低酸素トレーニングは、最近注目されているエクササイズのひとつです。ジムで行うことができ、運動によって体内の酸素量を抑え、筋トレ効果を高めることができます。 低酸素トレーニングのやり方は、まず有酸素運動を10分間行います。その後、息を大きく吸って最大で45秒間、息を止めるようにして呼吸をすることで、エクササイズを行います。そして、息を吐き出すようにして、少し休憩を挟んで、これを3セット繰り返します。このエクササイズは、筋肉の疲労を招きますが、効果は高く、筋トレの効果も向上させることができます。 また、低酸素トレーニングは、身体の酸素量を抑えることで脂肪燃焼を促進する効果も期待できます。ただし、長時間行うと呼吸がつらくなってしまうため、適切な時間と回数で行うことが重要です。 低酸素トレーニングは、体力のアップや心肺機能の向上に効果的です。ジムで行う際には、トレーナーの指導を受けて適切に行い、効果的なエクササイズを行いましょう。

    低酸素トレーニングを取り入れた生活のポイント

    低酸素トレーニングは、酸素を制限して行うトレーニングで、身体の機能を向上させる効果が期待されます。ジムで低酸素トレーニングを取り入れる場合、以下のようなポイントがあります。 まずは、トレーニング前に医師に相談することが大切です。低酸素トレーニングは身体への負荷が大きく、健康状態によっては行えない場合があります。 次に、トレーニングで使用するマスクについて適切な大きさを選ぶ必要があります。マスクが合っていないと効果が得られないだけでなく、不快感を感じることもあるため注意が必要です。 低酸素トレーニングでは、酸素濃度を12〜15%に制限することが一般的です。トレーニング中に呼吸が苦しくなった場合は、即座にトレーニングを中止することが大切です。 最後に、低酸素トレーニングは短時間で行うことが望ましいため、日常生活でも呼吸を深くすることが大切です。深呼吸や腹式呼吸を意識し、呼吸器官を正しく使うことで、身体の健康を保つことができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。